知立市 幼稚園|はなの木幼稚園

お電話・お問い合わせ(9:00~17:00) 0566-81-3693

はなの木通信

2020年01月21日(火) [3学期]

お別れ遠足(雪あそび)

大型バス2台に乗って、旭高原元気村に年長と先生みんなでお別れ遠足の雪あそびに出掛けてきました。

行きのバスは、なぞなぞ、イントロ当てクイズや歌を歌ったりして過ごしていきました。
香嵐渓でトイレ休憩の後は、少し長い道中に「いつ着くの?」と言う声もちらほらと聞こえるように・・・。
「うねうねの山道を上がっていくと着くから、雪があるか探してみて!」と声を掛けると「雪がなかったらどうするの?」不安気な声が。
「泥あそびにしちゃう?」と先生が言うと「人工雪があるから大丈夫!」と大人な答えがこどもから返ってきました m_ _m

いよいよ到着!という時にゲレンデが見え、「雪が見えた~!!」とテンションアップの子ども達!
ウキウキ気分でバスを降り、大きな荷物を持ち、バスごとに分かれ休憩室へいき、おにぎり弁当を食べました♡
食べた子からトイレを済ませ、着替えをしましたが・・・。
手袋からはめようとする子の姿が~。
・・手袋からはめちゃうと着替えにくいと思うんだけどなあ・・・(笑)

おうちで練習をしてきてくれた子も多かったようで、レッグウォーマーや手袋をはめる手伝いはしましたが、服の着脱は自分達で行っている子がほとんどでした。

そして!お待ちかねのゲレンデへ出発。
ゲレンデでソリを受け取り、元気村の方から
『踵でブレーキをかけること』、『そりの真ん中から後ろの方に乗ること』、『滑り終わったらその場所から速やかに移動をすること』など、安全に楽しく滑れるようにいくつかのお話を聞きました。
お話のあとはスタートラインに並び順番にスタート。
スタートしたものの、なかなか進んでいかない子が多く、人工雪のせいなのかしら?と思って見ていましたが、進まないからと前の方に移動してしまう(移動したつもりはないのに前に来てしまう?)という状態で、後ろの方に乗って動き出すのを待つようにするとスピードが出るようになってきました。

「楽しい~~~~~♪」という声があちらこちらから聞こえてきて、「2人で乗ると速くなるよ」と子ども達の発見もあり、お友達や先生との二人乗りを楽しんだりもしました。
早々にゲレンデの下の雪山で、雪合戦や雪玉作りを楽しみ始める子もいました。

今季は暖冬で、旭高原でも一回もまだ雪は降っていないのだとか・・・。

「雪」というより人工雪はタイ米のような形をした氷の粒ではありましたが、雪あそび気分は十分楽しめました。

帰り道はまったりおやつを食べながら、2号車は『おさるのジョージ』1号車は『しまじろう』のDVDを見ながら帰ってきました。

送迎のご協力、ありがとうございました。